こんな情報商材には気をつけろ!危ない情報商材特徴まとめ

こんな情報商材には気をつけろ!危ない情報商材特徴まとめ

情報商材の落とし穴!こんな情報商材は注意して!!

ネットを使ったお金稼ぎの代名詞と言えばネットビジネスですよね。
様々なネットビジネスの中でも切り口を変えてノウハウを販売している物を通称情報商材と言います。

今さらの事ですが、このサイトはネットビジネスや情報商材について紹介しています。
今までは「この情報商材に気をつけて!」という紹介の仕方をしていましたが、注意が必要な情報商材の特徴が少し変わってきました。

今回は注意すべき情報商材に対して最新の注意喚起として記事を作成しました。参考にしてみてください。

最近の情報商材は2極化している!!

ここ最近の情報商材は2極化していると言えます。
2極化と言っても稼げるものと稼げないものという点は変わりないですが、アプローチの仕方が変わってきています。

パターン1 王道の嘘みたいに稼げる系

これは昔からある王道のパターンで“1カ月で50億稼ぐ”とか“年収が今の何百倍になる”とか“あなたも今日から億り人”見たいな夢のような金額を稼げると豪語してるパターンがあります。
少し冷静に考えれば「そんなおいしい話あるわけない!」とわかりそうなものですが、人間困窮している時はそうした夢のある話にすがりたいという特性があります。

そのためどんなに嘘くさくても引っかかってしまう人はいます。
このような形は王道の形でずっと昔からある手法のため注意喚起するサイトの登場や消費者センターからの注意喚起の影響か全盛期よりも数は減ってきている気がします。

昔はかなりひどいものもありました。
それに伴って違った切り口のものが出てきましたそれがパターン2です。

パターン2 嘘かホントかわからないリアル系

これは嘘か本当かわからない情報商材です。
一見すると稼げそうな内容でもやってみると意外に収入が低いケースや稼げる可能性を匂わせてくるケースの情報商材が増えています。

例えば「仮想通貨のICO案件」「AIを使った自動システム」などは可能性がゼロではないです。じつはちゃんと調べれば稼げる可能性がいかに低いかがわかります。
しかし、一般のネットユーザーはそこまで調べないので「稼げるのではないか」という期待や教材の中でビジネスについて紹介している誘導動画に引っ掛かってしまうんです。

このパターンは見分けるのが難しい場合があるのでしっかり調べましょう。また、購入する場合は最新の注意をはらいましょう。

この記事を作った経緯

このサイトでは様々なネットビジネスや情報商材について書いていますが、普段ネットを使わないユーザーにとってはわからない事だらけなのではと思いました。
今回はあえてこのような形で紹介してみました。

「最新のノウハウ」「AIを駆使した最新のビジネス」という口車に騙されないように注意してください。
実は世の中にあるネットビジネスや情報商材のベースは今あるものに最新のトレンドを加えて作られたものばかりです。

今時の稼ぎ方に見えますが、その方法は何十年も前からのベーシックなビジネスモデルでなんです。
ただし、稀に全く新しいものも出てきます。それが仮想通貨です。仮想通貨は2000年以降に登場した新しい形式のビジネスモデルです。

早く波に乗れれば得する事もあるでしょうがそうした情報は一般人である私たちに回ってくるのはだいぶ後の話です。
おいしい話はその辺には転がって無いという事を認識しましょう。そしてやるならシンプルで王道の方法で稼ぐ事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です