タップイズマネーに問い合わせ!クーリングオフすることは可能なのか!!

タップイズマネーに問い合わせ!クーリングオフすることは可能なのか!!

タップイズマネーに問い合わせ!クーリングオフすることは可能なのか!!

タップイズマネーによるクーリングオフや返金を求めているというような情報を耳にしました。そしてネットで返金やクーリングオフに関して質問をしている人も多いことがわかりました。

当サイトでも質問やコメントが来ました。しかし、基本的にクエストという会社は返金に応じてくれるはずです。まずは連絡してみる事をお勧めします。
今回は改めてタップイズマネーのクーリングオフや返金について調べました。参考にしてみてください。

タップイズマネーってそもそもクーリングオフ出来るのか?

クーリングオフ出来るのか?

今回の疑問は「タップイズマネーってそもそもクーリングオフ出来るのか?」という疑問ですが、答えはNOです。
タップイズマネーにおいてクーリングオフは出来ません。理由はタップイズマネーが通信販売というものに当てはまるからです。では通信販売とは何か?

通信販売と言うと「カタログを見て商品を吟味し注文して届く」というイメージを持っていると思います。
だからちょっと違うのではと感じた人もいると思いますが、タップイズマネーも流れは同じです。

お金が稼げる副業やビジネスを自分で探し自らの意思で購入したものはこの通信販売という部類になるのでクーリングオフに関しては適用されません。
ネットで調べると副業やネットビジネスはよく考えて吟味してから選べというのはそういった理由もあります。

なので結論はクーリングオフは適用できないという事です。
しかし、返金に関しては一部対応してもらえるようです。返金に関する記事はまとめるとかなり長くなりそうなので、また別の機会にします。

※追記 2018年12月1日
タップイズマネーに関する返金方法を調べてまとめてみました!
気になる方はぜひご覧ください。

タップイズマネーに返金求む!連絡すればちゃんと返金してもらえる?

何故クーリングオフ問題が勃発したのか?

問題が勃発

これに関してはタップイズマネーに非があるかというわれるとそうでもないと思います。
ネットを使ったビジネスでは稼げるようになる前に辞めてしまう人がいます。

そうした人はいつまでたっても稼げるようになりません。私はそうした人達が騒ぎたてた結果が今回の騒動のきっかけになったと思います。
ネットビジネスに向いていない人もいます。そうした人の特徴としては「飽き症」「ずっと同じことをしていられない人」「せっかち」「気が散りやすい」等の特徴があります。

他にも購入しただけで稼げると勘違いをしている人もいます。どんなネットビジネスだって作業はあります。購入しただけでお金が入るというようなビジネスは手を出すべきでは無いです。
危険なビジネスの可能性もあるからです。

もちろん、その他にも要因はあります。結果が出るまで、つまり稼げるようになるまで続けなければ当然意味は無いです。
成功者は継続を続けた人だけです。続けることが出来るかはあなた自身の問題です。安易にタップイズマネーが悪いと攻めることは案外間違った事なのではないかと思っています。

これは自分を守るために書いているワケではありません。あくまで事実を述べているだけです。

クーリングオフ騒動に惑わされないでほしい!自分が信じるなら突き進むべき!

自分が信じるなら突き進むべき!

このクーリングオフの問題をどう捉えるかは自由です。ネットの評判を見て「うわ、早く返金の連絡をしなくちゃ!」と思うか、「いや、私は稼げるようになるまで頑張ってみる!」と判断するかは自由です。
今一度良く考えてみてください。それでも返金してもらいたい、づつけられないという人は直接交渉する事をお勧めします。

「help@quest-inc.co.jp」の連絡先に問い合わせると対応してもらえるようです。

私も今回の騒動があってから様々な事を考えました。過去にレビューしたサイトがこのような状態になっているということに驚きました。
これからも定期的に新しい情報が入り次第記事を書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です